中華スープ(=湯・タン)のとり方とコツ

中華スープ(=湯・タン)のとり方とコツ

(タン=中華スープ)のとり方とコツ

 

湯(タン)とは中華スープのことです。

 

中華料理の汁をおいしくするには湯(中華スープ)の良いものを使うのがコツです。
作り方の手順を追ってポイントを書くと・・・

  1. 鶏肉(骨)・豚肉(骨)のぶつ切りに熱湯をたっぷりかけ、水を切る。
  2.  

  3. 厚手の鍋に肉を入れ、水を入れ、包丁の背で叩きつぶしたしょうが、ねぎの白い部分(色素が出るので必ず白い部分のみを使う)を入れ、強火で加熱する。
  4.  

  5. 煮立ってきたら弱火にして、上にに浮いたアクや泡をすくい取る。
  6. 1〜2時間コトコトと煮込んで、少量の酒を加えて火を止め、こして料理に用いる。

 

短時間で湯(中華スープ)を作りたいときは、ひき肉を使うと良いです。
また、骨を用いると濁ったスープになるので、澄んだものを作る場合は肉だけにして作ると良いです。

 

スポンサードリンク

 

掲載されている記事等の閲覧、ご利用はお客様の責任で行うことをお願いいたします。

また掲載されている記事・画像などの無断コピー及び転載を禁止します。


中華スープ(=湯・タン)のとり方とコツ関連ページ

肉まん(包子・パオズ)の作り方
肉まん(包子・パオズ)の作り方です。
酢豚の作り方
酢豚の作り方とコツです。

スポンサードリンク

楽天ランキング