柚子胡椒(ゆずこしょう)の作り方

柚子胡椒(ゆずこしょう)の作り方

唐辛子のことを九州では”胡椒(こしょう)”ともいいます。

 

柚子胡椒ゆずこしょう)は、冷奴、そうめんの薬味、刺身、豚汁や味噌汁に、鍋物の薬味、煮物のアクセントに・・・と使い方はいろいろです。
柚子の香りがさわやかで、ピリリと辛さが利いて、料理がさらにおいしくなります。

 

れんこんの煮物や、ピリ辛こんにゃくを作るとき、豚肉を炒めるときなどの料理に唐辛子の代わりに入れるとおいしいです。
結構なんにでも使える万能薬味兼調味料です。

 

柚子胡椒ゆずこしょう)の作り方
材料
・柚子(青柚子・大きめ) 1個
・青唐辛子(生)    5〜6本
・塩            適量

 

器具・用具
・すり鉢
・すりこ木
・サランラップ
・アルミホイル
・ゴム手袋
 (ゴーグルがあると目がヒリヒリしないです)
※たくさん作るときはフードプロセッサがあると非常に便利です。

 

作り方

  1. 柚子と青唐辛子を水で洗います。
  2.  

  3. 柚子の皮を薄くむきます。
  4. 白い部分が入らないようにむいてください。

     

  5. むいた柚子の皮を、細かいみじん切りにする。
  6. すり鉢ですりやすくするためにできるだけ細かく切ります。
    (量が多いときはフードプロセッサを使うと非常に楽です)

     

    〜〜唐辛子で手が痛むので、この先は
      ゴム手袋(と、ゴーグル)着用で仕上げてください〜〜

     

  7. 唐辛子は、たて半分に切り、種を取い除いてから細かいみじん切りにする。
  8.  

  9. 唐辛子をすり鉢で細かくすりつぶし、柚子の皮のみじん切りを入れてさらによくすりつぶす。
  10. 激辛がお好みの方は種も入れていっしょにすりつぶしてください。
    (半練り状態になったらOK)

     

  11. 塩を加えてよく混ぜ込みます。
  12. 塩の量はお好みで増減させてください。

     

  13. 出来上がった柚子こしょうをサランラップに包み、アルミホイルでさらに包んで遮光して冷蔵庫で保存。
  14. 数日で食べきってください。

 

※消毒済みのビンに入れて、冷凍庫で保管すれば1年くらい持つので、たくさん作ったときは冷凍するとよいです。

 

 

赤唐辛子と黄色の柚子でもできます。
赤い柚子こしょうになります。

 

赤い柚子こしょうは、緑の柚子こしょうより辛味が強いです。
柚子の香りを楽しみたい方は「緑の柚子こしょう」を、唐辛子の辛味を楽しみたい方は「赤い柚子ごしょう」をどうぞ!

 

 


柚子胡椒屋が作る 粗挽き柚子がたっぷり手作り無添加柚子胡椒 柚子乃香 75g
原材料:国産柚子皮(福岡、大分、宮崎など)、国産唐辛子、塩

 


赤いゆずこしょう手作り無添加柚子胡椒 柚子乃香 75g  赤
原材料:国産柚子皮(福岡、大分、宮崎など)、国産唐辛子、塩

 

無添加の柚子こしょうの一覧へ


スポンサードリンク

 

掲載されている記事等の閲覧、ご利用はお客様の責任で行うことをお願いいたします。

また掲載されている記事・画像などの無断コピー及び転載を禁止します。


柚子胡椒(ゆずこしょう)の作り方関連ページ

いりこと昆布と鰹節のだしのとり方
昆布と鰹節のだしのとり方とイリコと昆布と鰹節のだしの取り方です。
食べるラー油の作り方
食べるラー油の作り方を習いましたのでご紹介します。
マヨネーズの作り方
手作りマヨネーズの作り方です。
梅味噌ドレッシングの作り方
さわやかな梅の香りがする梅味噌ドレッシングはいかがですか?
便利な調味醤油3種
作っておくと便利な調味醤油(しょう油)3種をご紹介します。
調味オイル(5種)
重宝している調味オイル(5種)をご紹介します。
海老(エビ)の頭や殻でおいしい「だし」をとろう!
海老(エビ)の頭や殻でおいしい「だし」をとろう!
和からしはぬるま湯で練ると辛い!旨い!
粉の和からしはぬるま湯で練ると辛味、風味が断然違います!

スポンサードリンク

楽天ランキング