土鍋の使いはじめと土鍋の取り扱い方

土鍋の使い始めと、取り扱い方

おでんや鍋料理に活躍の土鍋
土鍋の使い始めと、取り扱いかたをご紹介します。

 

新しい土鍋をはじめて使うときは、まず最初にお湯をとろ火でゆっくり炊いて(沸かすんじゃないんです)、火に慣れさせます。
土鍋の土のあく抜きにもなり、火にも慣れます。
火に当たって多少のヒビわれを起こすこともあるので、土鍋の使いはじめに、お粥を炊くのが理想的です。
お粥が糊の役目をして、小さなヒビを詰めてくれます。

 

火にかける時の注意!
ひび割れを防ぐために必ず土鍋の外側の水分をふきん等できれいにふきとってから火にかけてください。
弱火からはじめて、徐々に強火にしていきます。
絶対に最初からガンガンの火にかけないでください。
割れます。

 

 

火からおろすときは、
土鍋はとてもデリーケートなので、急激な温度差は厳禁!
熱い土鍋を急に冷たいところに置いたりするのもダメです!
ヒビが入ったり割れたりします。
火からおろしたら布製の鍋敷きの上に置きます。
金属製や陶製の鍋敷きは冷たいので土鍋との温度差ができて土鍋が割れます。

 

 

小さなヒビには・・・
使っていくうちに、細かいヒビができたときにもお粥炊きをしてヒビを埋めてみてください。

 

 

直火・IH両用の便利な土鍋。
蒸しスノコ付で蒸し料理も簡単にできます。
 ↓ ↓

かわいい、ご飯も炊ける日本製土鍋〈萬古焼) 銀峯 9号

 

土鍋の一覧へ


スポンサードリンク

 

掲載されている記事等の閲覧、ご利用はお客様の責任で行うことをお願いいたします。

また掲載されている記事・画像などの無断コピー及び転載を禁止します。


土鍋の使いはじめと土鍋の取り扱い方関連ページ

キッチンバサミや皮むき器の洗い方
キッチンバサミや皮むき器の洗い方です。
銅鍋のお手入れのコツと使い方の注意点
銅鍋のお手入れのコツと使い方の注意点です。
鉄製の鍋のお手入れ法
鉄のフライパンや中華鍋・鉄鍋などの鉄製の鍋は、お手入れの仕方が悪いと錆びます。

スポンサードリンク

楽天ランキング