銅鍋のお手入れのコツと使い方の注意点

銅鍋のお手入れのコツと使い方の注意点

銅鍋は、熱伝導率もすばらしく良い鍋ですが、ちょっと取り扱いが面倒なところがあります。

 

水分を嫌うので、保管場所には水気のないところに収納してください。

 

 

銅鍋のお手入れのコツと使い方の注意点は、

  • 新しい銅鍋を使う時には、野菜のクズを入れたお湯で煮立鍋のアクを抜いてから使います。
  •  

  • 銅鍋の中に料理を入れたままにしない。
  • (緑青発生の原因になる)

     

  • なるべく早く洗い、しっかり水気を取り、乾燥したところに保管する。
  •  

  • 強火・空焚きは銅鍋を傷める原因になるのでNG!
  •  

  • スポンジやふきんはやわらかいものを使い、アルミのたわしや亀の子たわしは鍋に傷がつくので使わない。
  •  

  • 緑青が出たときは、酢を染み込ませたふきんでこすり取り、水洗いの後、水気をよくふき取り、乾燥した場所で保管する。

 

磨き上げた銅鍋はキラキラしてとても綺麗です。

 

 


電磁調理器対応の銅製の両手鍋 アンティーク 銅IH両手鍋 20cm IH...

 

 

色々な銅鍋の一覧へ


スポンサードリンク

 

掲載されている記事等の閲覧、ご利用はお客様の責任で行うことをお願いいたします。

また掲載されている記事・画像などの無断コピー及び転載を禁止します。


銅鍋のお手入れのコツと使い方の注意点関連ページ

キッチンバサミや皮むき器の洗い方
キッチンバサミや皮むき器の洗い方です。
土鍋の使いはじめと土鍋の取り扱い方
土鍋の使いはじめと土鍋の取り扱い方です。
鉄製の鍋のお手入れ法
鉄のフライパンや中華鍋・鉄鍋などの鉄製の鍋は、お手入れの仕方が悪いと錆びます。

スポンサードリンク

楽天ランキング