自家製ベーコンの作り方

自家製ベーコンの作り方

薄塩で作る自家製ベーコンの作り方です。
4日〜1週間くらい下味をつけておき、いぶした後熟成せるのに数日かける作り方が主流ですが、少しスピードアップした作り方でしています。

 

ご参考までにどうぞ!

 

豚バラ肉が安いとき(100g100円くらい)に1kg作って、適当な大きさに切って、小分けして冷凍保存しています。
毎月1回作って、1か月分のベーコンにしています。

 

端切れは味がしっかりついているので、スープの具や炒め物、チャーハンにしています。
ベーコンエッグ、ピザのトッピング、カルボナーラ、いろいろ使えます。

 

自家製ベーコンの材料
 ・豚ばら肉     1kg
 ・塩        大さじ2〜3
 ・砂糖       大さじ1
 ・胡椒(コショウ) 好みで適量
 ・ローリエ     4〜6枚

 

 

道具
 ・フライパン(または中華なべ)
 ・蓋(または大き目のステンレスのボウル)
 ・アルミ箔
 ・桜チップ  ふたつかみ

 

 ・魚焼き網
 ・ビニール袋
 ・ペーパータオル

 

※桜チップの代わりに、飲んだあとの緑茶・ウーロン茶・麦茶などの茶殻を乾燥させたものを保存しておき使用しても。
この場合、ローリエを1〜2枚増やします。

 

 

※テフロン加工のフライパンは、捨ててよいものを使ってください。
 一発でダメになります。

 

自家製ベーコンの作り方

  1. 豚ばら肉はフォークでプスプス刺して、味がしみやすいようにして、適当な大きさに切る。
  2.  

  3. ボウルに1の豚ばら肉を入れ、砂糖をまぶし2時間ほど冷蔵庫に入れ寝かせる。
  4. 塩と胡椒(コショウ)を加え、よく混ぜてなじませ、ビニール袋に移して、空気を抜き、口をしっかり閉めて冷蔵庫に入れ、2〜3日じっくり寝かせる。
    その間、肉汁が均一になじむように袋を軽くもんで上下ひっくり返して置く。

     

  5. 2〜3日たったら・・・
  6. 袋から豚ばら肉をビニール袋から出して、流水で洗い、水を張ったボウルに入れて1時間つけて、塩抜きをする。

     

  7. ボウルから出したばら肉を流水で洗い、キッチンペーパーで拭いて水分を取る。
  8.  

  9. フライパンにアルミ箔を敷き、その上に桜チップとローリエ1〜2枚を敷く。
  10.  

  11. 肉を載せた網(脂が上)をフライパンの上にのせ、ふたをして火をつけ燻す。
  12. 最初は、強火で煙が出てきたら弱火〜中火でじっくり1時間〜1時間30分(途中で上下ひっくり返す)スモークする。

     

  13. スモークし終わったら、火を消して蓋をしたままさます。
  14.  

    塩大さじ2の場合:よく冷まして、冷蔵庫に1晩寝かせて翌日から食べれます。
    塩分を控えていますので、適当な大きさに切って小分けして、冷凍保存し、1ヶ月くらいで食べてしまってください。

     

    塩大さじ3の場合:塩分がちょっと強めですので、冷蔵庫に2〜3日は切らずに寝かせた方が、味がなじみまろやかになります。
    適当な大きさに切った後は、小分けして冷凍保存し、1ヶ月くらいで食べてしまってください。

 

手作りベーコン、無添加で美味しいですよ!

 

自家製ベーコンはこんな感じ!
 ↓ ↓

無添加プレミアムベーコンブロック【約500g-600g】
無添加無加水!ブナのスモークチップ使用。
ショップ:ハイ食材室

 

 

無添加ベーコンの一覧へ


スポンサードリンク

 

掲載されている記事等の閲覧、ご利用はお客様の責任で行うことをお願いいたします。

また掲載されている記事・画像などの無断コピー及び転載を禁止します。


自家製ベーコンの作り方関連ページ

チキンカレーの作り方(自家製カレールゥ)
チキンカレーの作り方、自家製カレールゥから作ります。
カレーを酢でまろやかに!
「カレーを酢でまろやかにつくる法」です。
紅茶で豚肉をゆでると臭みが取れる
「紅茶またはお茶で豚肉をゆでると臭みが取れておいしい!」です。

スポンサードリンク

楽天ランキング