七草粥(土鍋)

土鍋で炊く七草粥

土鍋で炊く七草粥

1月7日は七草粥(ななくさがゆ)!
土鍋で作る七草粥

 

お粥にして食べると「邪気を祓い、万病を除く」という言い伝えがある春の七草。
七草粥は、お正月に食べ過ぎた胃腸を休めるとも言われています。

 

新春の1月7日の朝に、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、セリ、スズシロ春の七草が入ったおかゆを食べて、今年1年の無病息災を願いましょう!

 

平安時代から伝わる風習で、七草の由来は、平安時代に「四辻の左大臣」が「せりなづな 御形はこべら 仏の座 すずなすずしろ これぞ七草」と詠んだので、七草が定着したそうです。

 

土鍋で炊く作り方です。

 

土鍋がない場合は、家で一番厚手の鍋で作ってください。
(写真はステンレス製の鍋で作ったものです)
七草は、便利な「七草セット」を使います。

 

七草粥の材料 (4人分)

  • 米  1カップ
  • 水  7カップ
  • 七草セット 1パック
  • 塩  適量

 

便利な七草セット↓

 

七草粥の炊き方

  1. 米は洗って水気を切り、鍋に入れて水を加え、蓋をして強火にかける。
  2. 煮立ちはじめたら、蓋をほんの少しずらして弱火にし、30〜40分かけてゆっくりじっくり煮る。
    このとき、吹きこぼれないように火加減に注意することと、絶対に蓋を開けたり、鍋の中をかき混ぜないこと!

     

  3. 米を炊いている間に、七草を洗い、色よくゆで、さっと水にくぐらせ色止めをしてしぼり、細かく刻んでおく。
  4.  

  5. おかゆが炊き上がる寸前に、塩小さじ1/3を入れ、2の七草を散らして入れ、蓋をして火を止め、5分ほど蒸らす。

 

全体を軽く混ぜて、器に盛り付けたら、どうぞ召し上がれ!

 

 


スポンサードリンク

 

掲載されている記事等の閲覧、ご利用はお客様の責任で行うことをお願いいたします。

また掲載されている記事・画像などの無断コピー及び転載を禁止します。


七草粥(土鍋)関連ページ

数の子の塩抜きと味付け
お節料理の数の子の作り方です。数の子の塩抜きから味付けまで。
栗きんとんの作り方
お正月料理の定番の栗きんとん! クチナシの実を使えば色鮮やかに仕上がります。
安納芋のきんとんの作り方
甘みが強く、濃い黄色の鹿児島県産の安納芋で裏ごしなしの「きんとん」を作ってみました。
黒豆の煮方
お節料理の黒豆の煮方です。
金柑のはちみつ煮
金柑のはちみつ煮の作り方です。
金柑の焼酎煮
焼酎で煮る金柑の甘煮です。
田作りの作り方
おせち料理に入れる田作りの作り方です。
慈姑(くわい)の含め煮の作り方
おせち料理の慈姑に含め煮の作り方です。
雑煮の作り方
お雑煮の作り方です。
博多雑煮の作り方
博多雑煮の作り方です。
七草粥の炊き方(炊飯器)
春の七草で作る七草粥の作り方です。

スポンサードリンク

楽天ランキング