雑煮の作り方

雑煮の作り方

雑煮の作り方

雑煮の作り方

 

お正月に欠かせないお雑煮
地方によって「具」や「だし」や餅も「丸もち」「角もち」「あんもち」などいろいろ違っていますね。
餅も、「焼く」地方や、やわらかく「煮る」など、さまざまです。

 

前準備
だしは、前日夜に「干し椎茸2枚、いりこ、昆布」を水(2カップ半ほど)を入れた鍋に浸しておきます。
削り節を5gほど用意しておきます。

お雑煮の材料 (2人分)
・鶏 肉   60g
・丸もち   2個
・蒲鉾 紅白各2枚
・三つ葉、ホウレンソウなどの葉物 適量
・酒   大さじ1
・塩   小さじ1/3
・しょう油 小さじ1

 

・ゆずの皮  少々

お雑煮の作り方

  1. 前日夜に用意した「干し椎茸2枚、いりこ、昆布」を水(2カップ半ほど)を入れた鍋から干し椎茸を取り出し、鍋を火にかけ沸騰したら5分ほど煮る。
  2. 次に削り節5gを入れ蓋をしめ、火を止め5分ほど放置し、静かに濾す。
    (取り出した干し椎茸は、後で使います)

     

  3. ホウレンソウなどの葉ものをゆでる。
  4. (三つ葉の場合は、洗って適当な長さに切っておき、最後に椀に盛る)

     

  5. 餅は水洗いをして、粉を落とし、たっぷりの水で、芯が柔らかくなるまで煮る。
  6.  

  7. 鍋に1のだし汁(2カップ)と取り出しておいた干し椎茸を入れ、調味し、鶏肉を入れ、鶏肉に火が通ったら味を調整する。
  8. アクはこまめに取ります。

     

  9. 椀に、餅、蒲鉾、ほうれん草などの葉もの(又は三つ葉)、干し椎茸、鶏肉を見栄え良く盛り、だしを注ぎ、ゆずの皮を飾ったら出来上がり!

 

餅は、角餅でも良いですし、焼いた餅でも。
お好みでどうぞ!

 

 

ご当地雑煮の一覧へ


スポンサードリンク

 

掲載されている記事等の閲覧、ご利用はお客様の責任で行うことをお願いいたします。

また掲載されている記事・画像などの無断コピー及び転載を禁止します。


雑煮の作り方関連ページ

数の子の塩抜きと味付け
お節料理の数の子の作り方です。数の子の塩抜きから味付けまで。
栗きんとんの作り方
お正月料理の定番の栗きんとん! クチナシの実を使えば色鮮やかに仕上がります。
安納芋のきんとんの作り方
甘みが強く、濃い黄色の鹿児島県産の安納芋で裏ごしなしの「きんとん」を作ってみました。
黒豆の煮方
お節料理の黒豆の煮方です。
金柑のはちみつ煮
金柑のはちみつ煮の作り方です。
金柑の焼酎煮
焼酎で煮る金柑の甘煮です。
田作りの作り方
おせち料理に入れる田作りの作り方です。
慈姑(くわい)の含め煮の作り方
おせち料理の慈姑に含め煮の作り方です。
博多雑煮の作り方
博多雑煮の作り方です。
七草粥の炊き方(炊飯器)
春の七草で作る七草粥の作り方です。
七草粥(土鍋)
土鍋で炊く七草粥です。

スポンサードリンク

楽天ランキング