煮魚の美味しい煮かた

煮魚の美味しい煮かた

煮魚の美味しい煮かた

煮魚の美味しい煮かた

 

煮魚は、「生臭い感じがするから嫌い」という人がいるようですが、ショウガを入れて煮れば臭みが取れて美味しく煮えます。

 

このときのショウガは、皮つきまま煮ます。
ショウガは、皮に香りが強いので、皮付のまま煮たほうが臭み取りになります。
ショウガは臭みを取るだけでなく、味付けになりますね。

 

唐辛子を入れてピリッと煮るのもいいですね。
イワシとか・・・

 

梅干を1個入れて一緒に煮ても臭いが取れます。

 

魚によっては、ニンニク醤油と唐辛子で煮てもおいしいです。

 

  • 煮汁は、酒・醤油・砂糖・みりん・水を鍋に入れて沸騰させます。
  • 味は、魚の種類や魚の鮮度などで加減してください。
    煮詰まっときの味を想定して調整します。

  • 煮魚は途中で魚をひっくり返さないので、皿に盛り付けたときと同じ状態で鍋に並べます。
  • 魚は鍋の中で重ならないように、底の広いものを使います。

     

    魚の臭みの取り方

     

  • 魚は、煮汁が沸騰してから入れますが、尾頭付きのものは頭を左に腹が手前になるように鍋に入れます。
  • 中火〜でじっくり煮ます。
  • 煮ている間は蓋をします。

  • 煮汁を少し残しておいたほうが食べやすいです。

 

煮かたは魚の種類によって若干違ってきますので、分からないときは魚屋さんに聞くといいです。
アラ炊きなどは、煮る前の下ごしらえがあります。

 

皿に盛り付けるときは、フライ返しを使うなどして崩さないように気をつけてください。

 

 

煮魚いろいろ 一覧へ


スポンサードリンク

 

掲載されている記事等の閲覧、ご利用はお客様の責任で行うことをお願いいたします。

また掲載されている記事・画像などの無断コピー及び転載を禁止します。


煮魚の美味しい煮かた関連ページ

魚の開き(干物)の作り方
簡単な開き(干物)の作り方です。
牡蠣(かき・カキ)の洗い方
牡蠣(かき・カキ)の洗い方です。
魚の臭みの取り方
魚自身の生臭さを取る方法は、魚を冷やしたお茶(茶汁)に4〜5分つけておくとずいぶん生臭みが取れます。

スポンサードリンク

楽天ランキング