山菜類:料理の基本とコツ

山菜類:料理の基本とコツ

山菜類の料理の基本とコツ

つくし松茸など季節の山菜の下ごしらえや保存法、料理レシピなどをご紹介します。

 

つくしは地方によっては食べない地域もあるそうですが、一度お試し下さい。
ほんのり苦い春の香りがしますよ!

 

 

最近は、つくしも通販されるようになったんですね!
 ↓ ↓ ↓

つくし
頭が閉じている土筆は数百本に数本!
とっても希少!大小さまざま再販決定!
【期間限定予約販売】

 

 

 

 

 


山菜類:料理の基本とコツ記事一覧

竹の子の選び方

硬い竹の子と柔らかい竹の子掘りたての竹の子は柔らかくて、春の香りがしますね。春先になると店先に皮付きの筍(竹の子)が並びますが、家でゆでた筍は、すでに水煮してパックに入ったものより断然おいしいです。筍(竹の子)は、ずんぐりで、皮に傷がなく、根元のほうのイボイボの色が薄いものを選びます。あと、先端の葉...

≫続きを読む

 

竹の子のゆで方(あく抜き)

春の味覚の筍、竹の子、タケノコ、たけのこ!皮付き筍が手に入ったら、その日のうちにアク抜きをします。竹の子のあく抜きと保存法です。◆竹の子のあく抜き◆大鍋がないときは、筍(竹の子)を皮付きのまま縦半分に切ってからゆでても。米ぬか 1カップ(なければ米のとぎ汁)唐辛子 1〜3本.筍(竹の子)は洗い、根元...

≫続きを読む

 

蕗(ふき)のアク抜きと皮のむき方

蕗(ふき)はアクが強いので必ず茹でてアク抜きをしてから調理します。蕗(ふき)をゆがくとき(アク抜き)は、なるべく大きな鍋を使います。大きな鍋でゆがいたほうが色鮮やかにゆで上がると習いました。蕗の下ごしらえ(アク抜きと皮むき)ふきは、鍋より少し短めに切りそろえ、まな板の上でふき1束につき塩小さじ2をふ...

≫続きを読む

 

松茸の下ごしらえ

秋の味覚の王様「松茸」(マツタケ・まつたけ)松茸の下ごしらえ(松茸の洗い方)は、松茸の独特の香りを逃がさないようにします。松茸の石づきは、鉛筆を削るような感じで切り落とします。かさや軸はペーパータオルや布巾で軽く拭きます。水洗いをすると、せっかくの香りがなくなってしまいますのでなるべくならしないほう...

≫続きを読む

 

つくしの下ごしらえ

土筆(つくし)を詰む時は、 ・なるべく若いもの(長さ10cm未満)で、 ・しっかりと穂が閉じていて ・胞子がまだ出ていないものを選びます。袴(茎の途中途中にあるWの形の葉のようなもの)は食べられないので、しっかり取り除きます。※袴取りは指先が真っ黒に汚れし、結構手間がかかりますので心して取りかかって...

≫続きを読む

 
スポンサードリンク

 

掲載されている記事等の閲覧、ご利用はお客様の責任で行うことをお願いいたします。

また掲載されている記事・画像などの無断コピー及び転載を禁止します。


スポンサードリンク

楽天ランキング