蕗(ふき)のアク抜きと皮のむき方

蕗(ふき)の皮のむき方

蕗(ふき)の皮のむき方

(ふき)はアクが強いので必ず茹でてアク抜きをしてから調理します。

 

(ふき)をゆがくとき(アク抜き)は、なるべく大きな鍋を使います。
大きな鍋でゆがいたほうが色鮮やかにゆで上がると習いました。

 

蕗の下ごしらえ(アク抜きと皮むき)

  1. ふきは、鍋より少し短めに切りそろえ、まな板の上でふき1束につき塩小さじ2をふりかけ、塩が溶ける程度に手のひらでゴロゴロと板ずりをする。
  2.  

  3. 鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩を一つまみ入れ、ふきの根の方から鍋に入れていく。
  4. 強火で3〜5分ゆで、ふきの色が鮮やかになったら冷水にとって冷まし、皮をむく。

 

蕗の皮むきをすると指先があくで黒くなるのがちょっと困りものですが、店頭にある水煮して着色料がついたものよりも、蕗本来の香りと味が楽しめます。

 

昆布とかつおだしで、砂糖としょうゆの薄味で煮た蕗は春の香りがしてとってもおいしいです。

 


スポンサードリンク

 

掲載されている記事等の閲覧、ご利用はお客様の責任で行うことをお願いいたします。

また掲載されている記事・画像などの無断コピー及び転載を禁止します。


蕗(ふき)のアク抜きと皮のむき方関連ページ

竹の子の選び方
店頭に並んだ竹の子の見分け方、選び方です。
竹の子のゆで方(あく抜き)
皮付き筍のゆで方(アク抜き)と保存方法です。
松茸の下ごしらえ
秋の味覚の王様「松茸」(マツタケ・まつたけ)
つくしの下ごしらえ
春の訪れを告げる土筆(つくし)。卵とじや椀種にしてみませんか?

スポンサードリンク

楽天ランキング