山菜類:料理の基本とコツ

竹の子の選び方

竹の子の選び方

硬い竹の子柔らかい竹の子

 

掘りたての竹の子は柔らかくて、春の香りがしますね。

 

春先になると店先に皮付きの筍(竹の子)が並びますが、家でゆでた筍は、すでに水煮してパックに入ったものより断然おいしいです。

 

筍(竹の子)は、ずんぐりで、皮に傷がなく、根元のほうのイボイボの色が薄いものを選びます。

 

あと、先端の葉の色に注意!
皮から少し出ている葉の色(緑)が黒く濃いものが新鮮ぽく見えますが、実はちょっと成長して硬めのタケノコ!
土の中に長くいて成長したため、色が濃くなっているのです。

 

たけのこの先端

 

筍は買ったその日にあく抜きしましょう!
筍は、新鮮第一!時間が経つとエグ味が出て、硬くなります。

 

 

竹の子のアク抜き(ゆで方)の方法はこちら


スポンサードリンク

 

掲載されている記事等の閲覧、ご利用はお客様の責任で行うことをお願いいたします。

また掲載されている記事・画像などの無断コピー及び転載を禁止します。


竹の子の選び方関連ページ

竹の子のゆで方(あく抜き)
皮付き筍のゆで方(アク抜き)と保存方法です。
蕗(ふき)のアク抜きと皮のむき方
蕗(ふき)のアク抜きと皮のむき方です。
松茸の下ごしらえ
秋の味覚の王様「松茸」(マツタケ・まつたけ)
つくしの下ごしらえ
春の訪れを告げる土筆(つくし)。卵とじや椀種にしてみませんか?

スポンサードリンク

楽天ランキング